QRコードの使用方法をご紹介

バーコードより多くの情報を保存することが可能で、より素早い情報の読み取りを可能にした「QRコード」ですが、「QRコードを利用する方法が分からない…。」という方も多いかと思います。

こちらではその「QRコードの」読み取る方法を3ステップで分かりやすくご紹介します。

1)専用のアプリをインストールする

まず、QRコードをを読み取る為には専用のアプリが必要です。スマートフォンからQRコードを読み取る場合、iPhoneは「App Store」、それ以外の場合(Android)は「google play store」からアプリをインストールしましょう。

各Storeで「QRコード」と検索し、QRコード読み取りアプリを見つけてインストールを完了します。

2)QRコードアプリを起動して読み取る

次に、インストールしたQRコードの読み取りアプリを起動します。スマートフォンの画面に読み取り画面(スマートフォンのカメラから撮影された画面)が表示されるので、その画面にQRコードが全て収まるようにかざします。

アプリでQRコードの読み取りが成功するとQRコードに登録された情報がスマートフォンの画面に表示されます。

3)QRコードに登録された情報を確認する

最後に、表示された画面の案内にしたがって画面を進めていくだけで、QRコードの登録情報にアクセスすることが出来ます。

QRコードの使用方法は思っているより簡単だったと思います。皆さんもぜひQRコードの読み取りを試してみて、街中のQRコードを楽しく活用してみてくださいね!




「QRコード」ってどういうもの?

お店のお支払いの際にレジで見かける四角いの怪しい模様…「QRコード」。何かと便利だと聞いているけど、実態はどんなものなのか気になっている方は多いのではないでしょうか?こちらのページでは、QRコードがどんな機能を持っているか、世の中でどのように活用されているのかを分かりやすくご紹介します。

【Android版】おすすめのQRコード読み取りアプリ

QRコードの読み取りアプリを活用したくて「google play store」を探してみたけど、どのQRコードの読み取りアプリをインストールすれば良いのか分からない…。そんな方に、こちらのページでは皆が使っているおすすめのアプリを紹介します。

【iPhone版】おすすめのQRコード読み取りアプリ

iPhoneのQRコードアプリを探そうと「App Store」で検索してみると無数に表示されるQRコードの読み取りアプリ…。正直、どれを選べば良いかわからないですよね。こちらのページではiPhoneユーザーの多くが利用しているよりすぐりのQRコードアプリをご紹介します。

QRコードを無料で簡単に作成する方法

QRコードを作成したいけど、どうやったら作れるのか分からない。実はQRコードはパソコンやスマホから簡単に作成できてしまうんです。こちらのページではQRコードを作成出来る便利で使いやすいWEBサイトをいくつかご紹介します。作成したQRコードは画像として保存して、印刷物に載せておけばユーザーはそのQRコードを読み取ることで貴方が登録した情報に簡単にアクセスすることができます。

おすすめの記事

QRコードの種類

現代ではあらゆる生活シーンで見かけることも多くなったQRコードですが、この複雑な模様はどのような法則で生成されているのでしょう?気になっている方も多いかと思いその種類別にその概要をまとめてみました。

人気の記事