トップページ > 「QRコード」ってどういうもの?

「QRコード」ってどういうもの?

QRコードって何?

最近、よく見かけるQRコード。何やら黒の正方形が不規則にいっぱい並んでいますが、あれがどういったものなのか気になりますよね?

 

こちらのページでは、その機能や世の中のどういう場面で使われているのかをご紹介します。

 

QRコードとは、実はスマートフォンやタブレットのカメラと専用のアプリを使って、正方形のバーコードを読み込めばURLや文字情報を瞬時に読み取ることができる便利なものです。

QRコードの誕生

「QRコード」は1994年に開発された日本の技術です。「QR」は、Quick Responseの頭文字で情報を素早く読み取る・反応するといった意味合いがあります。

 

QRコードの仕様は一般に公開されており、QRコードの技術を利用する為に何か手続きや料金の支払いは必要ありません。

 

その為、現代では世界各国の企業が開発を進め、あらゆるライフスタイルやビジネスシーンで活用されており、世界的に普及が進んでいます。

活用されている場所

工場や物流管理で

部品やパーツの情報、配送先や配送方法、入出荷の登録等に利用。

チラシやポスターに

ホームページのURL情報を記録できるため、スマホで詳細情報を見ることができる。

スーパーの商品コーナーで

商品の情報や生産者の情報など購入者が知りたい情報を確認できる。

コンサートやイベントなどの電子チケットに

入退場管理、飛行機・電車のチケットに利用。ただし、QRコードは複製が可能なため管理には注意が必要。

レジでの電子決済として

「QRコード決済」と呼ばれ、QRコードをスマホなどの画面から読み込み、決済したい金額を直接入力もしくはバーコードリーダーの読み取りする。

ホームドア開閉位置の検知用として

電車の車両ドアにQRコードを貼りつけ、駅ホーム頭上に設置したカメラからQRコードの位置や動きを読み取り、電車全てのドア開閉状態を検知。

ソーシャルメディアのアカウント登録として

TwitterやLINEなどソーシャルメディアのアカウントを友だちとフォローする際にQRコード経由で登録可能。

テレビの補足情報画面の情報として

概略は番組内で伝え、詳細情報やアンケートの詳しい集計結果などは、スマホでQRコードを読んで表示したホームページで確認する。

出典:sbnews